ウォーターサーバーのコストパフォーマンス

by author



ウォーターサーバーの導入を検討している人が「やっぱり今はやめておこう」と考えてしまうことが多いのがコストパフォーマンスのことについてです。物流が高速化している現代ではどのような商品に対してもコストパフォーマンスが求められており、ウォーターサーバーでは「水に毎月数千円払うのはコストパフォーマンスが悪い」とされることが多いです。

ただ実際のところ、ウォーターサーバーのコストパフォーマンスが悪いのかと言われればそうでは無いのです。

確かに水道水と比べれば高額になると言われればその通りなのですが、本来比べるべきなのは水道水ではなくスーパーマーケットで販売されているミネラルウォーターです。


ミネラルウォーターは2リットルほどのペットボトルでおよそ100円から200円といった価格がつけられており、しっかりとしたメーカーのもので100円を切ることはあまりないでしょう。



仮に2リットルで150円とすると、1リットル当たりは75円になります。

ではウォーターサーバーの水はどうかというと、これは業者にもよりますがボトル1本で1000円から1500円ほどが相場とされています。



そしてボトルは一般的に12リットル入りのものが使われますから、仮に1200円としても1リットル当たり100円と大差が無いのです。
もちろんこれだけだと「それならペットボトルのミネラルウォーターで良いだろう」と見えてしまいますが、ウォーターサーバーはさらに水を自宅まで配送してくれる、専用のサーバーを使えばすぐに冷えた水と熱いお湯が出るといったメリットがありますから、コストパフォーマンスを考えても十分検討する価値があるのです。



ただ価格だけを比較して利用しないと決めるのはかなり勿体無いことですから、興味が出てきたのであればまず情報収集をして見ると良いでしょう。