ウォーターサーバーのコストパフォーマンス

subpage01

ウォーターサーバーの導入を検討している人が「やっぱり今はやめておこう」と考えてしまうことが多いのがコストパフォーマンスのことについてです。

物流が高速化している現代ではどのような商品に対してもコストパフォーマンスが求められており、ウォーターサーバーでは「水に毎月数千円払うのはコストパフォーマンスが悪い」とされることが多いです。



ただ実際のところ、ウォーターサーバーのコストパフォーマンスが悪いのかと言われればそうでは無いのです。


確かに水道水と比べれば高額になると言われればその通りなのですが、本来比べるべきなのは水道水ではなくスーパーマーケットで販売されているミネラルウォーターです。


ミネラルウォーターは2リットルほどのペットボトルでおよそ100円から200円といった価格がつけられており、しっかりとしたメーカーのもので100円を切ることはあまりないでしょう。



仮に2リットルで150円とすると、1リットル当たりは75円になります。


ではウォーターサーバーの水はどうかというと、これは業者にもよりますがボトル1本で1000円から1500円ほどが相場とされています。

そしてボトルは一般的に12リットル入りのものが使われますから、仮に1200円としても1リットル当たり100円と大差が無いのです。

もちろんこれだけだと「それならペットボトルのミネラルウォーターで良いだろう」と見えてしまいますが、ウォーターサーバーはさらに水を自宅まで配送してくれる、専用のサーバーを使えばすぐに冷えた水と熱いお湯が出るといったメリットがありますから、コストパフォーマンスを考えても十分検討する価値があるのです。

ただ価格だけを比較して利用しないと決めるのはかなり勿体無いことですから、興味が出てきたのであればまず情報収集をして見ると良いでしょう。

Yahoo!ニュースについての情報を簡単に探すことができます。

よく解る情報

subpage02

ウォーターサーバーは80度前後のお湯と5度前後の冷水を常に給水する事が出来ると言う魅力が在ります。また、常に給水出来る水は、天然水や採取した水をRO膜を使ってろ過したRO水と言う安全であり、且つ美味しい水を給水する事が出来るため、家族の健康などを考えて導入される人も多くいますし、水道の水は不安だから、赤ちゃんのミルクや食事を作る時の水を給水して利用したいからウォーターサーバーを導入する人も多くなっています。...

NEXT

詳しく知りたいなら

subpage03

ウォーターサーバーは一度設置してしまえば、インテリアの一部となってくれます。デザインは意外と重要なポイントなので、どこに設置するのかをよく考えた上で、部屋にマッチしたデザインのウォーターサーバーを選びましょう。...

NEXT

水についての考察

subpage04

赤ちゃんがいる家庭はミルク作りが一苦労です。昔はしっかりと沸騰させたお湯で作り、それを人肌程度に冷やして与えることをしていましたが、それは菌を殺したりといった安全性の面に加え、粉ミルクの溶けにくさをカバーするために、熱湯を使っていました。...

NEXT

水の事柄

subpage04

赤ちゃんにも綺麗で美味しい水をあげたいと考える母親は多くいます。そのために赤ちゃんに安心してあげることができるウォーターサーバーが年々注目を浴びています。...

NEXT